LESSON

CLASS/ 希望に合わせた3クラス

PASOC演劇学校ではレッスン生を随時受け付けております。
レッスンクラスはPASOCに所属してプロとしての活動を目指す「Sクラス」と「Rクラス」、「オンラインクラス」があります。
1クラス定員5名の少人数クラスで、きめ細やかな指導を行います。現役で活躍する講師陣が、頑張る子どもたちをしっかりサポートいたします。

Sクラス

「Sクラス」は、プロとしての活動を目指す方専用のクラスです。

レッスンは月4回。基礎から応用まで幅広いレッスンカリキュラムを受講できます。
また、このクラスを受講している生徒はPASOCよりミュージカルや商業などの舞台オーディションやお仕事を優先的に紹介させていただきます。

プロとして活躍できる道が拡がるよう、全力でサポートいたします。

Rクラス

PASOCでは新しく、PASOCに所属せずプロとしての活動を目指すレッスンを受けられるクラスを開設します。

レッスンは月2回または4回。歌や演技の基礎を学びたいお子様向けです。
当クラスは入学金はなく、1年間毎月3万円(税抜)でレッスンを受けることができます。

※他所の事務所様に所属されている方でも入れるクラスです。

オンラインクラス​

新設したオンライン専用ルームからリアルタイムでのレッスンです。

担当講師のレッスンを中継スタッフが複数台のカメラで常にフォロー
わかりやすいアングルからの映像を配信
映像資料や音楽資料もストレスなくインサート
スタジオには65インチの超大型モニターを設置
オンライン受講生のひとりひとりの表情を見落としません。


結果を引き出せる一流の講師陣のレッスンが自宅から受講出来る!
関東圏だけでなく、地方からのオーディション挑戦にも合格を引き寄せる大きな原動力となります!

入会について

小学1年生~高校生までの心身ともに健康な方。
事務所所属の方も未所属の方も入会可能。
※入会には本人及び保護者との面談があります。

レッスンについて

レッスンは毎週土曜か日曜の決まったクラスで受講いただきます。
歌1時間、演技1時間の計2時間を月4回受講できます。
生徒側の都合でレッスンが受講できなかった場合の振替レッスンは基本受け付けておりません。※詳細に関しては面談でご説明いたします。

ご紹介案件について

PASOCからお仕事を紹介する場合や、オーディションを受ける際は、当社が必要と判断した対策レッスンも受けていただくことがあります。
※レベルが満たない場合はご紹介できないこともありますのでご了承ください。
​※事務所に所属の方は案件によってはご紹介できない場合もありますのでご了承ください。

Timetable/ クラス編成

PASOC演劇学校レギュラーレッスンは、土日のいずれかで受講可能です。内容は歌・演技のレッスンを各1時間ずつ、計2時間。
定員は、少人数で最大5名まで。生徒ひとりひとりに寄り添ったレッスンを行います。

レギュラーレッスンはレッスン生のみ受講できます。

土曜クラス

クラス 時間 定員
D93 前半(9:30〜10:30)
後半(10:30〜11:30)
5名
D0 前半(12:00〜13:00)
後半(13:00〜14:00)
5名
D23 前半(14:30〜15:30)
後半(15:30〜16:30)
5名

日曜クラス

クラス 時間 定員
N93 前半(9:30〜10:30)
後半(10:30〜11:30)
5名
N0 前半(12:00〜13:00)
後半(13:00〜14:00)
5名
N23 前半(14:30〜15:30)
後半(15:30〜16:30)
5名

※開講クラスは変動があります。

Instructors/ 講師

名誉校長

浜畑 賢吉 / はまはた けんきち

東京生まれ。俳優座養成所を経て、1966年劇団四季入団。1994年からフリー。
「カナマゾフの兄弟」アリョーシャ役で初舞台。ミュージカル「コーラスライン」では1979年の初演以来、ザック役で800回以上出演してきた。
ミュージカル「アプローズ」をはじめとした演出家としての活動も増え、演劇やミュージカルに留まらずオペラの演出も担当している。
’04年より大阪芸術大学教授・舞台芸術学科長。

主な舞台/
「カラマーゾフの兄弟」「アンチゴーヌ」「トロイ戦争は怒らないだろう」「日曜はダメよ」「道化師の唄」「暗くなるまで待って」「アプローズ」「ヴェニスの商人」「桜の園」「黄昏」「思い出を売る男」「コーラスライン」「ハムレット」「キャッツ」「ロミオとジュリエット」「鹿鳴館」「風林火山」「出雲阿国」「華岡青州の妻」「雨月物語」「向島物語」「美女と野獣」「雨月物語」「ジキル&ハイド」「ラ・マンチャの男」「アイラブ坊ちゃん」「ピーターパン」「マイ・フェア・レディ」「エデンの東」「赤毛のアン」「ビューティフル・ゲーム」「暴れん坊将軍」「タイタニック」「サンセット大通り」「ショウ・ボート」「マクベス」etc・・・

古典劇、現代劇、ミュージカルのみならず、あらゆるジャンルでの舞台芸術での幅広い活動と、
その演技力・歌唱力・表現力などの評価が高いことは言うまでもない。
PASOC(Performing Arts School of children)名誉校長。

代表(校長兼務)

テディくまだ

演出家・劇作家・子役指導。
漫才トリオレツゴー三匹のリーダー・レツゴー正児の長男として大阪に生まれ、幼い頃よりTV番組、商業演劇、ミュージカル等の舞台に立つ。
デビューは田村正和主演の「眠狂四郎」。
大阪芸術大学舞台芸術学科に進学、演技演出を専攻。
演出家で劇作家でもある秋浜悟史に師事。
演出家として、コンサート・演劇・ステージ・イベント・テレビ・映像等の演出活動をする。
東京・大阪で専門学校などの講師として人材育成に取り組んだのち、2000年福岡で芸能プロダクション・ナッツプロダクションを設立。以降、多くの人材を育成。
2006年 東京 オフィス開設。2013年福岡オフィスを閉鎖。本拠地を福岡から東京に移す。
ミュージカルからストレート、歌舞伎まで、その人材育成術には定評があり、この10年だけでも100作品、のべ200人以上の子役を商業舞台に輩出している。 
  (一例として『ビリー・エリオット』ビリー・デビー/『ライオンキング』ヤングシンバ・ヤングナラ/『レ・ミゼラブル』ガブローシュ・リトルコゼット/『1789』シャルロット/『フランケンシュタイン』リトルビクター/『サウンドオブミュージック』『風と共に去りぬ』/『放浪記』/他) 2014年、プロダクション業務から離れ、フリーに。
2015年よりPASOC(Performing Arts School of children)代表。
また、ここ1,2年は、大型商業作品の子役指導を担当することも多く『トリッパー遊園地』(A.B.C-Z/河合郁人主演)・『三婆』(大竹しのぶ主演)・『有頂天シリーズ』(渡辺えり・キムラ緑子主演)・『家族はつらいよ』(山田洋次演出・新派公演)・『グリークス 』(PLAY公演)など作品の子役指導を歴任している。

PASOC演劇学校 講師陣 ※あいうえお順

五輪 倫子 / いつわ ともこ( 歌 / 演技 / オーディション対策 )

2000年にボーカルユニットグループの一員としてデビュー。
音楽活動を中心にラジオ、ライブ活動等を行う。その後、演劇の道に活動範囲を広げ、PASOC代表でもあり演出家のテディくまだ氏に師事。
舞台(ストレートプレイ、時代劇、ミュージカル)以外にも映像や広告モデルなど幅広く活動。

【舞台】※一部抜粋 『楽屋~流れさるものはやがてなつかしき~』作:清水邦夫 /『血の婚礼』作:フェデリコ・ガルシア・ロルカ /『沓掛時次郎』作:長谷川伸(三越劇場)/『国定忠治・月形半平太』(新橋演舞場・新歌舞伎座 他) /『マウストラップ』作:アガサ・クリスティー  /『トリッパ―遊園地』作:せきどみきのぶ(新橋演舞場・大阪松竹座 他)他 多数。
【TV】​『細かすぎて伝わらないモノマネ2019』@みょーちゃん劇団 他

尾川 詩帆 / おがわ しほ ​( 歌 )

東京藝術大学音楽学部声楽科卒業。
大学在学中に朗読劇で初舞台を踏み、出演を重ねる。
卒業後、劇団四季ミュージカル「ウェストサイド物語」にヒロイン・マリア役で出演。
その他、「夜への長い旅路」キャスリーン役など。

BS-TBS「日本名曲アルバム」に杜の音シンガーズとして出演のほか、アンサンブル・コノハとして演奏活動にも精力的に取り組んでいる。

角川 裕明/ かくかわ ひろあき ​( 歌 / 演技 )

早稲田大学法学部卒業。広告代理店勤務を経てボーカリストに転身。
その後、俳優業へも活動の場を広げ『レ・ミゼラブル』『ファントム』『オーシャンズ11』『エリザベート』などのミュージカルや、『ショーシャンクの空に』などの本格的なストレート芝居等、数々の舞台や映像作品に出演する。
2012年、SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて初監督作品であるミュージカル映画『ユメのおと』が短編部門のグランプリを受賞。
ミュージカル映画監督としてデビュー。
2015年、ミュージカル文化を日本にもっと広めることを目的に「Musical Of Japan」を立ち上げ。
現在は『角川研究室』というワークショップも開催し、ミュージカル映画俳優の育成にも力を入れている。

KENTARO/ けんたろう ​( 歌/ダンス )

神奈川県出身。劇男一世風靡での活動を経て、ミュージカルの世界へ。
歌・ダンス・演技とオールマイティな実力で、俳優として変幻自在で幅広い活躍ぶりは目を見張る。
また俳優としてだけでなく振付や指導する立場での活動も多く、その活躍は多岐にわたる。

主な出演作品として【舞台】『レ・ミゼラブル』『エリザベート』『モーツァルト!』『ピアフ』『天使にラブソングを~シスター・アクト』『シェルブールの雨傘』『レベッカ』『パッション』『ピーター&ザ・スターキャッチャー』『ジキル&ハイド』『モンティ・パイソンのSPAMALOT featuring SPAM』など。【TV】TV TOKYO『勇者ヨシヒコと魔王の城』・TBS『コドモ警察』など。

塩崎 沙織/ しおざき さおり ​( 演技 )

1996年 新宿コマ劇場にて初舞台を踏んだ後、舞台芸術学院 演劇本科にて芝居を学ぶ。
1999年 映画『秘密』(監督・滝田洋二郎)にて本格デビュー。
その後はコマ劇場 明治座 御園座 博多座 博品館劇場 三越劇場など
商業演劇を中心に 戯曲『楽屋』(作・清水邦夫) アングラ演劇『花の寺』(作・金杉忠男)などジャンルの幅を広げる。

【映像出演作品】
映画:『秘密』(滝田洋二郎 監督)、次郎長三国志』(マキノ雅彦 監督)、『キッズリターン2』(清水浩 監督)、 T V: NHK 『かるたクイーン』『笑う三人姉妹』、CX『花村龍子こんぴら殺人事件』、テレビ朝日 『ナサケの女』『火災調査官紅蓮次郎』『セイアン』『遺産争族』、テレビ東京『強き蟻』『模倣犯』、東海テレビ『七人の敵がいる』 他

醍醐 園佳/ だいご そのか ​( 歌 )

東京都出身。 東京音楽大学付属高校、東京音楽大学声楽演奏家コースを首席にて卒業。同大学院修士課程(オペラ科)修了。
卒業時にNTT ドコモより奨学金を得る。
二期会オペラ研修所第49期マスタークラス終了、優秀賞受賞。第17回日本声楽コンクール入賞、第24回ソレイユコンクール優秀賞。
これまでに、東京二期会・日生劇場共催「チャールダーッシュの女王」主演、同主催「ウィーン気質」フランツィスカ・カリアリ、あいちトリエンナーレ主催「魔笛」パパゲーナ、オペラプロデュース 「エトワール」主演、東京二期会 「天国と地獄」ジュノー、全国共同制作オペラ「椿姫」フローラ役にて出演。
コンサート・ソリストとしても、2015年小澤征爾音楽塾 京都・二条城特別公演「第九」(小澤征爾指揮)、ヴェルディレクイエムなどに出演。
二期会会員。2015年CHANEL Pygmalionアーティスト。東京音楽大学付属高校非常勤講師、順天中学高等学校非常勤講師。

松岡 美桔/ まつおか みき ​( 歌 )

兵庫県出身。大阪音楽大学声楽科卒業。武庫川女子大学声楽専攻科修了。1989年から1996年まで音楽座に在籍。
主なミュージカル出演作は『レ・ミゼラブル』『アニー』『トゥーランドット(赤阪ACTシアター杮落し)』『マルグリット』『ジキル&ハイド』 『ピアフ』『血の婚礼』『美少女戦士セーラームーン』等多数。

また映画の吹替や朗読劇、コンサートやライヴ活動も。 主な吹替は『アナと雪の女王』『美女と野獣』『メリーポピンズ リターンズ』等 その他、ミュージカルワークショップや、歌唱指導歴も長い。

長田 俊太郎/ ながた しゅんたろう ​( 歌 )

AN MUSIC SCHOOL卒業。
在学中にアカペラコーラスサークル「ドラマティックタフガイ」を創設。
数々のバンド・アカペラユニットの活動を経て、アカペラビッグバンド「the☆free style」のフロントマンとして活動。
「北斗の拳」25周年記念イベント(日本青年館)のオープニングでパフォーマンスを行い、「jealkb」「クリスタルキング」等と共演。
アーティスト活動の傍ら、CM楽曲他アーティストの仮唄やコーラス等のレコーディングに携わる。(真琴つばさ「Symphony~翼望~」等)
現在も都内のレーベルや音楽事務所からの楽曲制作や、新人アーティストの楽曲作詞等を行っている。

[指導経歴]
2017年、三代目JSB出演グリコ・ポッキーCMで1000人の歌唱指導。
2017年・2018年、埼玉県軽音楽部連盟技術講習会にてヴォーカル生徒約60名を対象としたボイストレーニング・ステージパフォーマンスセミナーを実施。 他 多数。

山本 真裕/ やまもと まさひろ( 歌 / 演技 / ダンス )

長野県出身。俳協演技研究所に入所し演技を研鑚後、劇団俳協の創立メンバーとなる。
退団後はマルチな能力を持つ演技派俳優として、大劇場の舞台公演に出演し続けている。
東宝『ラマンチャの男』(松本白鵬・主演)には1999年から出演以来、現在に至るまで20年以上出演を続けており、その信頼は厚い。

出演作品
『かっこうの巣の上で』『近藤勇を切った男』『ファニー』『紳士は金髪がお好き』『レディゾロ』 『ラマンチャの男』『エリザベート』『風と共に去りぬ』『屋根の上のヴァイオリン弾き』他多数。 MV/super car『last scene』など

PASOC特別講師

星野 康二 氏

株式会社スタジオジブリ会長、株式会社KADOKAWA・DWANGO社外取締役、財団法人徳間記念
アニメーション文化財団理事。
ブエナビスタホームエンターテイメント日本代表、ウォルト・ディズニー・インターナショナル執行副社長を歴任。
1991年、ウォルト・ディズニー・ジャパンにて初代社長となり、日本におけるディズニー事業の統括を行う。
2007年、会長職に就任。2008年、ウォルト・ディズニー・ジャパン会長を退き、スタジオジブリ社長に就任する。
現在、スタジオジブリにおける様々な事業をグローバルな視野で国内外に展開させている。
北海道札幌市出身。東京都港区在住。

荒巻 大四郎 氏

歌舞伎座舞台株式会社代表取締役社長、VISIT JAPAN大使。
京都大学卒業後、1976年、松竹株式会社入社。演劇部に所属しながらも福岡・博多座の役員を勤め、
松竹作品のみならず東宝や宝塚などの作品にも数多く携わる。
2007年、松竹株式会社取締役に就任。2011年、松竹芸能株式会社代表取締役会長。
2012年、歌舞伎座舞台株式会社代表取締役社長に就任。
歌舞伎を代表とする伝統芸能からミュージカルやレビューなど、全ての演劇に精通する日本を代表する演劇人のひとり。
また海外との演劇交流にも力を入れ、歌舞伎をはじめとした松竹の演劇作品の海外公演や海外の優れた舞台芸術の招聘にも尽力してきた。